睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)企業検診について

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群(SAS=サスと略されて呼ばれる事もあります)は、寝ている間に息が止まってしまう病気です。
この病気は、睡眠中に10秒以上呼吸が止まったり弱くなったりする事を1時間あたり5回以上繰り返すと診断されます。この回数が増えるほど重症と判断されます。
症状としては、主に睡眠中のいびきや無呼吸、日中の眠気、集中力の低下や倦怠感などが挙げられます。
仕事の能率が落ち、業務災害や、交通事故につながってしまう恐れのある病気です。また、高血圧、不整脈、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの恐ろしい病気の原因の一つとなっていることが報告されています。
当クリニックのSAS検診の判断結果によって精密検査の必要性の有無が分かります。早期発見、早期治療によって企業様の将来の健康・安全へのお手伝いができればと考えております。

お申込みからの流れ

企業担当者様からの申し込み

企業担当者様と当クリニックの担当者との検診についての打ち合わせ

従業員様への機械お渡し、検査後の機械回収

後日、検査結果レポートを担当者様へ郵送

検査内容

携帯電話より一回りほど大きめの機械を腕にはめていただき呼吸の状態といびきの状態を観察します。

いびきのセンサーは鼻へ付けていただき、酸素のセンサーを指に付けていただきます。自宅でこの機械を付けていただきながら寝ていただきデータを取ります。(痛みは伴いません)
この検査によって睡眠中のいびきの状況や血液中酸素濃度の推移をおおよそ把握する事ができます。
取り扱いについては、当クリニックの専門技師より従業員様へ直接ご説明させていただきます。安心して検査をお受けください。

結果説明

検査結果は、結果データ、診断、精密検査必要の有無を含めレポートにてお知らせいたします。「要精密検査」となった従業員様は、当クリニックにて精密検査、治療、経過観察をさせていただきます。また異常なかった方でも必要に応じてご相談させていただきます。

費用

一人あたり5500円+税

事前問診票とアンケートのお願い

当院では患者様の待ち時間短縮のため事前に問診票のご記入をお願いしております。
お手数をおかけしますが可能であればご協力ください。
問診票はこちらからダウンロードできます
※問診票とアンケートがセットになっています。全4ページです。

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.