舌下免疫療法について

スギ花粉舌下免疫療法について

『花粉が飛ぶ時季は何も集中 出来ない・・・』

『もう今から来年の春が不安。少しでも 花粉症を和らげたい』

このような方は舌下免疫療法をご検討下さい。

舌下免疫療法を簡潔にご説明すると
「スギ花粉を精製したエキスを、
毎日 口の中に入れて、スギ花粉に
体を慣らしてしまう治療」
です。

治療が上手くいけば、スギ花粉飛散期に症状を軽減する事が期待できます。


もう少し具体的にご説明すると、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を含むエキス(スギ花粉を精製した薬液)を舌の下に投与し、体内に吸収させる治療方法です。この投与を継続的に行うことで症状を軽減させていきます。

スギ花粉症の対処法や治療には

1.スギ花粉の除去・回避 
2.薬物療法
3.アレルゲン免疫療法
4.手術療法

などがあります。舌下免疫療法は「3」のアレルゲン免疫療法になります。

スギ花粉症の舌下免疫療法についてご案内します。

舌下免疫療法について、よくあるご質問

Q.いつから治療を始めれば良いのですか?
この治療はスギ花粉症飛散期の導入は禁止されています。 例年、長野県では3月頃からスギ花粉が飛散しますので、遅くとも12月には治療を開始する必要があります。 当院では6月~12月初旬までの期間限定で開始させていただきます。

Q.どんな人でも治療を受けられるのですか?
以下の方は舌下免疫療法を受けることが出来ません。

①12歳未満、65歳以上の方は使用できません。
②重症な気管支喘息の方。
③悪性腫瘍や免疫疾患をお持ちの方。
④妊娠中の方、授乳中の方。
⑤心臓病をお持ちの方、また治療を受けている方。
⑥ステロイド剤を内服している方。
⑦精神科で加療を受けている方。
⑧スギ花粉症以外にも強いアレルギー反応をお持ちの方。
⑨口腔内に異常(口内炎、歯槽膿漏、抜歯後など)をお持ちの方。

上記の条件に当てはまる方は、この舌下免疫療法は受けられませんのでご承知下さい。 またそれ以外の問題でも、当院で危険と判断する場合は治療をお断りすることがあります。
問診と診察にて治療方針を決定いたしますので、ご自身で判断されず、お電話にてご連絡いただいた上で、一度ご来院下さい。

Q.どの位の治療頻度と期間が必要ですか?
この治療は、毎日 口の中にエキスを入れて2分間保持した後に飲み込みます。
それを3~5年にわたり継続することが勧められています。
スギ花粉エキスを、体が慣れてくるまで数年にわたり毎日使用してゆく必要がありますので、気の長い治療となります。(すぐには効果も出てきません。)

治療の主な流れ

はじめは1週間ごとに診察(3回)。
その後は2週間に一度再診いただき、問題ないことを確認の後に、1ヶ月に一度の受診を継続していただきます。

①初診日
・医師の診察、問診
・血液検査

②1週間後に再診
血液検査結果を確認します。
適応であることが確認できたら・・
・シダトレン処方(薬局さんにて服用方法等の説明あり)
・看護師から治療の詳細をご説明させて頂きます
・『初回投与』となります
※初回は最も副作用出現が心配されるため、処置室にて薬を服用して頂き30分経過観察させていただきます。

③翌日から自宅にて投与
はじめは、『投与量を徐々に増やして(増量期)』いきます。

④投与開始1週間後に再診
問題ないと医師より判断された場合は、『さらに投与量を増やして(増量期)』 いきます。

⑤さらに1週間後に再診〔投与開始から2週間〕
ここで投与量の増量は終了となります。問題ないと判断された場合は、
『維持量(決まった量)』を毎日服用していただきます。(維持期)

⑥その後は2~4週間に一度再診。
投与を継続します。
治療期間は3年から5年の継続が勧められています。

Q.治療費はどれ位かかりますか?
平成26年10月にスギ花粉症の舌下免疫療法治療薬「シダトレン®」が発売になり保険診療が認められました。
この治療は全て保険適応となります。
費用はおよそ以下の通りとなります。

≪スギ花粉症舌下免疫療法費用≫〔3割負担の方〕

○初診 クリニックにて(初診料+アレルギー検査) 約5200円

※スギ花粉症であることを明確に証明するために、血液検査で診断をします。スギ舌下免疫療法は『スギ花粉症』に対する治療で、他の植物の花粉やダニ等のアレルギーに対する治療にはなりません。

 

初回にスギも含めて約10種類のアレルギーの血液検査をおこない、スギ舌下免疫療法の適応・不適応を判断します。初回の診察代には、このアレルギー検査も含まれますので、およそ上記の費用となります。

○再診2回目 クリニック 約700円 計 約1280円
薬局 (シダトレン 1週目用) 580円
○再診3回目 クリニック 約700円 計 約1450円
薬局(シダトレン2週目用) 750円
○再診4回目以降 クリニック 約700円 計 約1730円
薬局(シダトレン14包(14日分))1030円

 

Q.副作用はありませんか?
もともとアレルギーのある方に原因物質を無理矢理投与するわけですので、副作用がとても心配される治療となります。
場合によっては、アナフィラキシーという重い副作用が現れることもあります。
効果だけでなく、副作用に対する患者さんの理解も必要な治療です。

シダトレンによる治療では、副作用の可能性と大切な服用上の注意点があります。
副作用を理解した上で、注意点をしっかり守り、行っていただく治療となります。

主な副作用

・口内炎、舌の下の腫れ、口の中の腫れ
・喉のかゆみ
・耳のかゆみ
・頭痛
 など

重大な副作用

アナフィラキシーショック
*アナフィラキシーとは*
アレルギーの原因物質に触れたり、食べたり飲んだりした後に、数分から数時間以内に現れる激しい急性のアレルギー反応です。
血圧の低下や意識障害などを引き起こしショック状態に至り、場合によっては生命を脅かすことがあります。
(副作用発生時には説明書の通りに対処して頂く必要があります。)

Q.治療の効果はどんなもの?
くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
涙目、目のかゆみの改善
アレルギー治療薬の減量
QOL(生活の質)の改善      などが期待されます。

全ての患者さんに効果が期待できるものではありません。
効果があって治療を終了した場合でも、その後効果が減弱する可能性があります。


上記の内容をふまえて、
スギ花粉舌下免疫療法を開始するにあたり、以下の項目への同意が必要となります。

≪治療開始するための同意事項≫
① 花粉非飛散期も含め、『長期間の治療を継続』できる。
② 治療用エキス(シダトレン)の服用(舌下に2分間保持)を『毎日継続』できる。
③『2週間に一度受診』可能である。
④ 全ての患者さんに効果が期待できるものではありません。
⑤ 効果があって治療を終了した場合でも、その後効果が減弱する可能性があります。
⑥ 『アナフィラキシー等の副作用』が起きる可能性があります。
 その際には説明書の通りに対処して頂く必要があります。

とても面倒な治療と思われたのではないでしょうか。
この治療で一人でも春のスギ花粉症のよる苦痛が緩和され、春を満喫できるようになればと祈っています。
ぜひチャレンジしてみたいと思われる方は、予めお電話(またはスタッフまで)ご連絡ください。 ※この治療は『時間指定予約』にて実施させて頂きます。


さらに詳しい情報をご希望の方は
スギ花粉症舌下免疫療法薬(シダトレン)を販売している鳥居薬品様の
「もっと知りたいスギ花粉症」
http://www.torii-alg.jp/cedar/more.html
も参考になさって下さい。

ここまでお読みになられて、「わかまつ呼吸器内科クリニックで、舌下免疫療法を受診したい!」と思われる方は、下記のアンケートをダウンロード、必要事項をご記入の上、当院にご連絡下さい。

アンケートダウンロードはこちらです。

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.