スタッフブログ

恐竜と冬眠とムーミンの関係性

2015年12月26日│わかまつスタッフ│診療日記

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック看護師の坂田です。

冬至も過ぎ、これからは少しずつ日も長くなります。日照時間が長いとホッとしますね。

 

 

さて、いよいよ冬本番の12月です。

冬が好き!という方にとっては、やっと静かな冬の到来です。

 

そういう私はというと・・寒い冬がとてもとても苦手です。。

道が凍って車はスリップ寸前、

雪に嵌って私の車は脱出不能、

スケートリンクみたいにツルツルの道を歩けば慣れない私は転びそうになり・・

冬はこわいよぉ~~、と身も心も凍りついてしまう私。。

 

 

雪はキラキラしてサラサラしていて、長野の雪は本当に綺麗だと思います。

ずーっとそんな雪を眺めていられれば、また思いも違うかもしれません。

 

 

ところで!?

みなさんはムーミンが冬眠するってご存知でしたか?

 

ムーミンとは、そうです、あのフィンランドの作家トーべ・ヤンソンの「楽しいムーミン一家」のムーミンです。

 

ムーミン谷の冬

 

私は数年前にムーミンが冬眠するという事を知りました!

それ以来、

「ムーミンが冬眠できるのなら、私も冬眠できるんじゃないか??」

と、思っています。(笑)

 

 

そうか、冬は冬眠すればよかったんだ!と

素晴らしい解決策に辿り着いた私は、毎年冬になると虎視眈々と「冬眠休暇」なるものが発令される日を狙い、心待ちにしているのです。

 

そんなステキハッピーな休暇ができたら・・

 

暖炉のあるお部屋で本を読み、

ぬくぬくのベッドで春まで眠りにつく・・

 

写真 2015-11-19 14 38 01  写真 2015-11-19 14 38 12

 

憧れですね、冬眠休暇!

 

ですが、きっと私はそのうち退屈してムクムクと起きだし、

そうだ南の島へ行ってこよう!となりそうな・・

冬眠じゃなく、ただの休暇ですね。(笑)

 

 

さて、今回は冬のお出掛けはちょっとお休みのため、

少し戻ってシルバーウィークに訪れた恐竜博物館についてお届け致します。

 

福井県にある恐竜博物館(福井県立)は

長野からおよそ350km。

もちろん今回もクルマでビュンビュン向かいます!!

 

東京の甥っ子の、たっての希望で行くことになった恐竜博物館です。

東京からだと車で7時間!

ちょっと大変なので長野で合流して、あとの運転は私におまかせあれ!!

写真 2015-09-22 9 28 24(福井駅前にも恐竜!)

 

というわけで、恐竜博物館に到着。

写真 2015-09-22 10 51 57

凄い山奥にある怪しげな丸い建物。

その中に・・

 

 

恐竜!!

 

写真 2015-09-22 12 24 27

 

あのスミソニアン博物館よりも凄い!といわれ、世界から注目を集める博物館だけあって、

圧巻の迫力の恐竜たち。

 

写真 2015-09-22 12 23 00

 

恐竜にそれほど興味と情熱がなくても!?

きてみてよかった!と思ってしまう、そんな博物館です。

 

写真 2015-09-22 12 38 37  写真 2015-09-22 13 03 24

 

 

写真 2015-09-22 12 33 30

 

写真 2015-09-22 23 11 05

 

金沢から更にもう一頑張りの距離とはなりますが、

クルマがしんどい方は2015年話題の北陸新幹線に乗って!

すこし足をのばして行ってみられるのもよいかもしれません。大人にもおすすめです!

 

写真 2015-09-22 23 10 58

 

 

恐竜絶滅は隕石衝突による氷河期のため絶滅説の他、いろいろあるようですが、

寒くて絶滅はわかる気がするなぁ・・と勝手に共感してみたりする今日この頃。。

 

とにかく寒いの苦手!やっぱり冬眠は必要!・・か??(笑)

 

写真 2015-11-19 14 38 44

 

年末年始の人々の大移動や初詣で、例年そろそろインフルエンザが流行し始めます。

みなさま、「外から帰ったらうがい手洗いを忘れずに。」

小さい頃によくいわれていたこの言葉、これが結局は風邪予防には一番のようですね!

 

それでは、

みなさま、今年も一年ありがとうございました。

お体には呉々も気をつけて、よいお年をお迎えください!!

 

 

 

年末年始の休診日は下記のページでご確認ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【年末年始の休診日のお知らせ】

http://wakamatsu-cl.com/wp_info/?p=401

 

 

みかん狩り

2015年12月19日│わかまつスタッフ│診療日記

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック事務の大日方です。

 

気づけば12月も半ばを過ぎ、年末に向けて仕事も家事も忙しくなってくる頃ではないでしょうか。

皆さま体調はいかがですか?

これからインフルエンザが流行る時期、予防接種済みの方も油断せず、手洗い、うがい、マスク着用を心掛け、感染予防を徹底して行いましょう!

 

 

さて、寒い季節、こたつにあたりながら食べたいものといえば…….

みかんですよね(^-^)

 

ということで、11月末頃、こたつを出すと同時にみかんも調達するため、家族揃ってみかん狩りに出かけました。

 

みかんの産地といえば、皆さんどこを思い浮かべますか?

だいたい、和歌山や愛媛、静岡のあたりですよね。

もっと長野から近いところでないのかな~と思って調べてみると、ありました!群馬県に!

 

あまり群馬県でみかん栽培を行っているというイメージはなかったのですが、訪れた農園は日当たりの良い丘陵で雨も少ないため、みかん栽培に適しているとのことでした。

みかん狩りのシーズンも11月から12月中旬にかけてでしたので、時期的にもちょうど良かったです。

 

行ってみると広~い敷地に美味しそうなみかんがたくさん実っていました!

INZdc_2wS5215kwSZsLolRVQjHzErxEDqPw2NLUyoTE,yhB1XDukduGqvKBmiDg24H4ieSGJyYkFMwoOrrcZp0k

 

sQwzg0XuCOZJhKAERfq16mZeP2nKQjPWm1HjAGSsB0U,j4Ovy_MRzatfUovFCudgQU_yrk2eInG-5q92_npu-Bo

見渡す限り広がるみかん畑と、素晴らしい眺めの丘陵が心も癒してくれます(´▽`*)

 

食べてみるとスーパーで売っているみかんとは違って、自然な甘みと酸味があり(どちらかといえば酸味が強い気がしましたが)、とても美味しかったです!

WKyyhBa8qX1f0VHNtjqtPCu39HCP4N94fzLo-Z-VRFA,Nciqr_l40y0WaFNp03ktUn9OpodYp5fAyAR-VY8EO2o

絶対50個は食べるぞ!と思っていたのですが、10個食べてお腹が痛くなりそうだったのでやめました。

袋詰めで持ち帰りもできたので欲張って穫ってきました。

 

やはり味もそうですし栄養面でも、穫れたて新鮮な野菜や果物に敵うものはありませんね。

 

これから春にかけてはいちご狩り、夏は桃やぶどう狩り、秋はブルーベリーや梨、りんご狩り…….

四季がはっきりしている日本だからこそ、いろんな食べ物が楽しめるんですよね(しみじみ)。

 

皆さんも是非、いろんなくだもの狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか!

roXkLcYdItp8KBvgW3ec0L8SduvqlMvdRf5UQo_Eg60,sT4s6QwB1sJ91ZSHBdGsz4JTFoal941Ofj8Mit8VTPg

 

 

冬のイベント★

2015年12月12日│わかまつスタッフ│診療日記

こんにちは!

長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック検査技師の土田です。

 

12月も半ばに入り寒さが厳しくなってきました。

しっかりと寒さ対策をして、風邪などひかないようにしましょう!

 

 

先日南長野運動公園の、イルミネーション(南長野フェスティバル2015)をみに行きました(*^_^*)

 

南長野運動公園①

 

長野オリンピックスタジアム前が6万球のLEDで飾られています。

今年は新サッカースタジアムが完成して最初のフェスティバルであり、ヴィクトリーロードとサッカースタジアムにも装飾が施され、例年とは違うイルミネーションに仕上げられているそうです✩

寒い中でしたが、とてもきれいなイルミネーションでした!

このイルミネーションは12月25日まで、行われています(^^)

 

南長野運動公園②

 

 

この他にもいくつか長野県内のイルミネーションをご紹介したいと思います!

 

 

まずは安曇野市の「アルプスあづみの公園 光の森のページェント」です。

40万球が使われ、園内には青色に輝くトンネルや池にそびえるお城などモニュメントも充実しているそうです!

また、小さな子供でも楽しめる光と音の演出なども行われています(^-^)

こちらは2016年1月11日まで開催されています。

 

さらにもう一つは須坂市の須坂アートパークで行われる「イルミネーションフォレスト2015」です!

こちらは今年で16年目を迎えるイルミネーションイベントで、30mの光のタワーをはじめ、ハートのトンネルなど様々なイルミネーションを見ることが出来ます。

こちらは12月25日まで行われ、この時期だけは敷地内にある世界の民族人形博物館、須坂版画美術館も夜間開館しているそうです

 

このほかにも県内で行われる冬のイベントは、まだまだたくさんあると思います!

外は寒いですので、暖かい恰好をしてイルミネーションなど見に行ってみてください

 

 

おお友よ!

2015年12月05日│わかまつスタッフ│診療日記

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック検査技師の高橋です。

 

早いものでもう12月ですね!あっという間に時間が過ぎていきます。

 

私はこの時期になると、第九が聴きたくなります。

12月、特に年末に演奏される機会が多い第九、私も何年か前「12月に第九を聴きたい!!」と思い、

NHKホールまで聴きに行ったことがあります。

 

第九の正式名称は「交響曲第9番 ニ短調作品125」。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲です。

有名な第四楽章は合唱が取り入れられていて、フリードリヒ・フォン・シラーの詩

「歓喜に寄す」が用いられています。

 

なぜ年末に第九が演奏されるようになったのか、調べてみました。

年末に集中して第九を演奏する習慣があるのは日本だけのようです。

 

戦後間もない1940年代後半、オーケストラの収入が少なく、楽団員たちは年末年始の生活に困っていました。

それを改善するために、当時「必ず人が入る曲目」として人気があった第九を日本交響楽団(現在のNHK交響楽団)が年末に演奏するようになったそうです。

それが好評で定例となったことが発端だと言われています。(※諸説あります)

現実的な理由ですね・・・

 

しかし「歓喜に寄す」は友人たちとの熱い友情から生まれた詩で、

友情っていいな自由っていいな、という喜び満載の作品です。

ちなみに最初にバリトン歌手が歌う、「おお友よ、そのような音楽ではない」のところだけはベートーヴェンの詩なんですよ!

 

第九は全曲通すと約70分。

第四楽章が有名ですが、ぜひ第一楽章から通して聴いてみてください!!

 

第九

 

 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.