内科マメ知識

よりよい睡眠のために。。。

2017年04月13日│わかまつスタッフ│マメ知識

『人はなぜ眠るのか』、『睡眠がなぜ必要なのか』は完全には解き明かされていませんが、その多くは脳や体を休ませ、生命を維持することに必要不可欠だと考えられており、人の成長や寿命にも睡眠は多くの関わりがあることがわかっています。

また、睡眠の効果には「脳と体の疲れをとる」、「ストレスの解消」、「病気の予防」などこの他にもいろいろな効果があります。

 

このように睡眠は人間にとってとても大切なものですが、日本人の睡眠時間は年々減少傾向にあり本来必要な睡眠時間を確保できていないケースが多くなりつつあるそうです。限られた時間の中で効果的に睡眠をとるためには、睡眠の質を高める必要があります。そのためにいくつかのヒントをご紹介したいと思います!

 

 

睡眠時間は人それぞれ。日中の眠気で困らなければ十分。まめちしき画像②

理想の睡眠時間は8時間とよく言われていますが、睡眠時間は長い人もいれば短い人もいます。季節によっても変化するため、8時間にこだわる必要はありません。成人の場合、6~7時間が十分な睡眠の目安と言われています。また50歳代以降必要な睡眠時間は次第に短くなり、70歳を超えると平均6時間弱にまで短くなります。

 

 

刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を!

・就床前4時間のカフェイン摂取、就床前1時間の喫煙は避ける。

カフェインの覚醒作用は摂取後30~40分後から表れ、4~5時間持続します。また、たばこに含まれるニコチンは交感神経を刺激し睡眠を妨げます。効果は吸入直後から数時間持続します。

・軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り。

リラックスすると入眠しやすくなります。自分に合った方法を見つけましょう。

まめちしき画像3-1 まめちしき画像3-2

 

同じ時刻に毎日起床。

起床後なるべく早く太陽の光を浴びることが、夜速やかで快適な入眠をもたらします。長く眠って朝が遅いと、その夜の寝つきが遅くなり、翌朝の起床が辛くなりがちです。

 

昼寝をするなら、15時前の2030分。

・長い昼寝はかえってぼんやりのもと。

・夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響。

昼食後~午後3時までの間の昼寝は、夜間の睡眠に悪影響を与えずに日中の眠気を解

消してくれます。30分以上眠ると、身体も脳も眠る体制になってしまい逆効果です。

 

 

ちなみに幸福感を感じるためにも、睡眠は重要だそうです。

 

「幸せ」はあくまでも主観的なものと思われがちですが、実は睡眠不足によって脳の機能が低下しているのかもしれません。

これについて、カリフォルニア大学バークレー校のMatthew Walker氏は、睡眠不足の学生たちに単語のリストを覚えさせる実験を行っています。その結果、「癌」などネガティブな意味を持つ言葉については81%を記憶できた一方で、「日光」などポジティブな意味を持つ言葉は31%しか記憶できなかったそうです。

ついネガティブなことを考えすぎたり、不安に見舞われたり、心配しやすかったり、、、

そのような症状に悩んでしまう原因は、睡眠不足なのかもしれません。

 

より良い睡眠をとり、健康的で明るい生活を送るためにも皆さんの睡眠を見直してみてください(^O^)
まめちしき画像①

 

【検査技師 土田】

 

 
当院のフェイスブックページはこちらです!

当院の出来事や患者様からよくあるご質問など、「いいね!」をして下さった方にとって価値のある情報を更新していきますので、ぜひ「いいね!」をお願い致します!

おやつ(間食)の話

2016年11月17日│わかまつスタッフ│マメ知識

皆さん、今年の健康診断の結果はいかがでしたか?

近年、食生活の欧米化や運動不足から肥満の人が増えています。

肥満は糖尿病や脂質代謝異常症、高血圧などの多くの疾患のもととなるため、肥満の予防・対策は重要な位置づけになっています。

 

肥満の予防・治療は「エネルギー摂取(食事)と消費(運動)のバランス改善」です。

摂取エネルギーを減らすこと

消費エネルギーを増やすこと

が第一となります。

 

≪摂取エネルギーを減らすこと≫

一日の必要なエネルギーを把握し、食べすぎないように気をつけることが大切です。

また、間食やお酒の量にも留意が必要です。

 

≪消費エネルギーを増やすこと≫

継続的な運動

長続きするためには、日常生活で普段行っている活動の中に運動を取り入れるようにすると最も効果的です。

・通勤を車→徒歩や自転車にする。

・買い物時の車の駐車時、遠い場所に止めて、歩くようにするなどがあります。

 

 

 

今回はおやつ(間食)について書いてみたいと思います。

 

≪おやつ(間食)とは≫

江戸時代、1日2食が一般的だったころ、和時計の時刻で「八つ時(現在の午後2時から3時ころ)」に小昼という間食を摂っていました。その間食を「おやつ」とよぶようになりました。

 

≪おやつ(間食)の種類には≫

お菓子

嗜好飲料(ジュースやお酒)

果物

菓子パン

ファストフードなどがあります。

 

≪間食の適量≫

一般的には1日に200kcal(キロカロリー)と言われています。

皆さんは普段どのような間食をどのくらい食べていますか。

 

お菓子などの食品や飲料水のパッケージには栄養成分が表示されていますので、一度自分が食べているおやつを見てみてください。

好きなものを好きなだけ食べてしまうと、1日に摂取するエネルギー(カロリー)が消費するエネルギーより多くなり、肥満につながる可能性があります。

間食で大切なのは食べ過ぎないように回数や量を減らす工夫をすること。

一日の栄養素の不足が補えるような種類を選ぶようにしましょう。

 

 

≪おやつ(間食)の役割≫

・食事だけでは摂取できない栄養素を補うおやつ

・仕事や勉強などでの気分転換としてのおやつ

・コミュニケーションとしてのおやつ

・生活にうるおいを与えるおやつ

 

仕事の合間に、気分が落ち込むときに、おやつを一口食べるだけで救われることがあります。

また、出張のお土産のお菓子が配られる時のワクワク感が全員を一体にさせてくれます。

そしてお土産のお菓子を配るときは、普段話さないあの部署の方とも話すチャンスでもあります。

間食には様々な役割があるのですね。

 

間食を上手活用し、日々頑張っていきましよう!

 

マメ知識(おやつ間食)

〈引用参考文献〉

一般社団法人 日本おやつ協会HPより

厚生労働省 生活習慣病予防のための患者情報サイトより

 

【看護師 野中】

 

 

 

当院のフェイスブックページはこちらです!

当院の出来事や患者様からよくあるご質問など、「いいね!」をして下さった方にとって価値のある情報を更新していきますので、ぜひ「いいね!」をお願い致します!

不眠障害

2016年08月08日│わかまつスタッフ│マメ知識

心配事やストレスがあると夜眠れない…、ということを経験したことがある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「眠りたくても眠れない」、眠ることに困難を感じる『不眠障害』についてお話します。

 

不眠障害には下記の症状があります。

入眠困難

なかなか寝付けない

睡眠維持困難

寝ても何回も目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けない

早朝覚醒

早朝に目が覚めてしまい、目が覚めた後眠れない

 

近年の調査で、日本で不眠の訴えもつ人は成人の約20%で、中でも入眠障害を訴える方が多いと言われています。

良質な睡眠がとれないと、日中に眠気を感じたり、仕事や学校で支障が出たりします。

事故につながる恐れもあります。

 

このように夜間の不眠と日中の生活への支障が3ヶ月以上続くと『慢性不眠障害』と診断されます。

nemurenai

 

眠れない原因は家庭や仕事でのトラブルやストレス、悲しい出来事、心の病気、身体の病気など様々です。別の睡眠障害(むずむず脚症候群、リズム障害など)によって不眠が引き起こされることもあります。

 

不眠障害の中には『短期不眠障害』という症状の続く期間が3ヶ月未満のものもあります。

原因のストレス要因が解決するか、ストレス要因に適応すると不眠はなくなります。

強いストレスとなるものはどんなものでも短期不眠障害を引き起こす可能性があります。

実際、東日本大震災や熊本地震などの災害がストレスの要因となり、不眠を訴えた方はかなり多かったようです。

時間が経つにつれて不眠は徐々に改善していきます。

しかし生活環境が改善されるなど不安要因が緩和されても不眠が持続し慢性化してしまう方もいます。

 

不眠障害の治療は「睡眠衛生の見直し」や「認知行動療法」、「薬物療法」などがあります。

 

不眠障害になるきっかけや原因は様々で誰にでも起こりうることです。

心療内科での治療となるものも多い不眠障害ですが、原因によっては当院で対応できるもの(睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、リズム障害など)があります。

眠りについてお困りのことがありましたらいつでも当院にご相談ください。

 

【検査技師 高橋】

特定健診の季節です

2016年06月19日│わかまつスタッフ│マメ知識

6月から長野市の特定健診が始まります。

年に一度、自分の身体の状態を知る機会。

是非、各医療機関に足を運んで下さい。

 

今回の内科豆知識は「健康診断」です。

 

<健康診断>

①法律で義務付けられているもの:特定健診(40~74才の公的医療保険加入者対象)

学校健診

職場健診

②任意で行うもの:人間ドック

 

に分類できます。

 

<健康診断の目的>

診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるもの。

特定健診も人間ドックも目的は同じです。

 

<特定健診>

特定健診は2008年4月より始まった、40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度です。(高齢者の医療の確保に関する法律第十八条、国民健康保険法第八十二条)。

生活習慣病の発症リスクの高い人を健診で早めに発見し、生活習慣病の改善に向けた取り組みを早い段階でスタートし、予防することが目的です。

 

*長野市の場合(長野市「健康カレンダー」別冊より)

「特定健診・後期高齢者健診」

健診対象者:今年度40歳以上の人

 

≪長野市が実施≫

・長野市国民健康保険加入者

・後期高齢者医療制度に加入している長野市民

・生活保護の人

・特定中国残留邦人等支援給付受給者

 

≪職場健診を事業主が実施≫

・社会保険等加入者本人

 

≪各医療保険者が実施≫

・社会保険等の被扶養者

 

 

まず、自分が加入している医療保険(保険証)を確認しましょう。

自分が加入している医療保険者から健康診断の案内が届きます。

それに沿って、健康診断を進めていきましょう。(各健診によって健診期間が違います。説明書を確認しましょう)

長野市では30歳代の国民健康保険に加入している人も健康診断を受けられます。

 

<人間ドック>

人間ドックは一般的な健康診断よりも検査項目が多く、充実した精密検査が受けられます。

さらに近年では、ある特定の臓器を対象にした脳ドック、肺ドック、レディースドックなどの専門ドックも増えています。目的に合わせて、選べたり組み合わせたりすることができます。

個人の判断で受ける任意での受診になるため、費用はすべて自己負担になります。

 

 

人間ドックは、費用も時間もかかり、受けるのが難しい状況もあります。

長野市では、上記の特定健診に加えて肺がん、胃がん、乳がん、子宮頸がん、骨粗しょう症、前立腺がん、大腸がん、肝炎ウイルス等の特定の病気についての検診も行っています。

また、人間ドックの補助制度もあります。

これらをうまく組み合わせて、健康診断を進めていくといいでしょう。

 

詳しくは、各家庭に配布されている、

長野市「健康カレンダー」別冊保存版 各種検診のご案内』

ファイル 2016-05-23 7 34 36

 

ファイル 2016-05-23 7 34 56 特定健診③

を、ご覧ください。

 

現在もそして未来も、楽しい時間を過ごすには何よりも健康な身体が必要です。

自分の身体は自分でしか守れません。

年に1回の健康診断を受けて、自分の身体を知り、健康維持を心がけましょう。

【看護師 野中】

 

 

睡眠不足が引き起こす影響について

2016年05月25日│わかまつスタッフ│マメ知識

睡眠時間を削れば、もっと自由に使える時間が増えて、仕事や趣味などに費やす余裕が生まれる!

という風に考える方は多くいらっしゃると思います。

 

昨今の情勢では人間のキャパシティを超える労働環境の為、睡眠時間を削ってまで仕事を行ったり、学生であれば勉強をしたり、数多くのコンテンツが楽しめるスマートフォンが流行の一途であります故、寝ずにネットサーフィンに没頭したりゲームをしたりと睡眠不足が本国に蔓延している事は言わずもがなです。

 

睡眠不足は身体機能、そして精神機能に対して重大な影響を及ぼします。どんな影響があるのでしょうか。

 

 

睡眠時間を、それまでの睡眠時間よりも数時間短くした場合は、自覚的に日中に耐え難い眠気に襲われるようになります。これは経験した方も多いと思います。

 

その他にも、作業能率の低下が起こります。特に機械的な作業よりも注意力や記憶力を要求されるような複雑な作業の能率が低下するようです。

そのまま寝ない状態を継続していくと作業能率は更に低下して気分は沈みがちになってしまいます。

日々の限られた時間の中で、いかにして仕事時間や勉強時間を確保するかは重要な問題ですが睡眠時間を減らして作業することは、効率を逆に悪くしてしまうのです。

 

眠い状態で作業するより必要な睡眠時間を確保して残りの時間をすっきりした状態で作業した方が効果的です。徹夜の翌日は単純な計算問題でも正答率が下がるため学生の方は試験前の徹夜に御用心です。

 

nebusoku

 

精神面では些細なこと過度に反応するようになります。また、対人関係で過敏になりすぐ怒り出すようになってしまいます。

一部の人では「断眠時精神病」と呼ばれる錯覚や幻覚などの知覚異常、被害的な内容の妄想が出てきます。これらの精神機能への影響は十分な睡眠をとった後には回復します。

 

 

 

 

「人は眠らないとどうなるのか?」という疑問に対して1965年にアメリカで断眠実験を行っており、17歳の男子高校生が264時間12分(11日と12分)眠らなかったのが最高記録とされています。断眠開始後4日目に気分が沈み、イライラし、物が人に見えるという幻覚まで出現しています。周囲から自分は嫌われていると妄想的な訴えも。7、8日目には言葉が不明瞭、記憶、集中力の低下が目立ち11日目には思考力も低下したようです。身体機能の異常はなかったようですが眠らないことで様々な影響を引き起こします。

 

睡眠時間を軽視してしまっている方も自分の睡眠状態を見直してみましょう。これを機会に眠りについての必要性を改めて感じて頂けると幸いです。

 

【検査技師 福澤】

 

 

花粉症なう!

2016年03月28日│わかまつスタッフ│マメ知識, 未分類

花粉症がピークを迎えています。

 

私も今年から花粉症のお仲間に入ることになりました。

新米です。よろしくお願いします。

 

涙、鼻水、くしゃみ・・・本当にツライですね。

 

今回は自分でできる花粉症対策について詳しくご紹介したいと思います。

 

当たり前のことですが、花粉症は花粉によって起こります。

花粉に触れなければ、花粉症の症状は出ないわけです。

「花粉のない所」で過ごせればいいのですが、そうもいきません。

 

お薬も大切ですが、花粉への接触を減らすことで、花粉症の症状を最小限にし快適に過ごす工夫も必要になってきます。

 

自分でできる花粉症対策!!

【花粉を身体に入れない】

 

①花粉情報をチェック

花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。

②花粉の多い日は外出を控えめにする

ファイル 2016-03-28 20 42 47

③外出時は花粉と接触しないよう完全防備

防止、メガネ、マスク、マフラーを身に着ける。

コートはツルツルした素材がいいでしょう。粉が付着しにくく、除去しやすいでしょう。

現在は花粉症用のメガネも大分オシャレになりました。

ファイル 2016-03-28 20 43 28

 

④帰宅したら玄関で花粉除去

衣服などについた花粉はブラシなどで払って、玄関でシャットアウト。

なるべく室内に持ち込まない工夫と努力を。

⑤帰宅したら洗顔やうがい

身体についた花粉は、きちんと洗い流しましょう。

毎日の習慣として心がけましょう。

 

 

【花粉を家に入れない】

 

①ドア・窓を閉める

花粉の飛散が多い時は、ドアや窓を閉め、花粉の侵入を防ぎましょう。

ファイル 2016-03-28 20 43 11

②掃除はこまめに

防いでいるつもりでも室内にもかなりの花粉が侵入しています。

こまめに掃除を行いましょう。

毎日拭き掃除を行うと効果的です。

③布団を外に干さない

外に布団を干すと、花粉がついてしまうので、布団乾燥機などを活用しましょう。

どうしても干したいときは花粉の少ない午前中に、取り込む際は花粉をはたき、さらに掃除機で吸うと効果的です。

④枕元の花粉を拭き取る

室内はもちろん、ベッドにも花粉はたまっています。寝ているときに花粉を吸いこまないよう、枕まわりの約1mくらいを水で湿らせたティッシュやタオルで拭き取りましょう。

⑤お風呂・シャワーで花粉を流す

お風呂やシャワーは朝に入るという方もいますが、花粉の時期は寝る前に花粉をしっかり落としてから布団に入るようにしましょう。

⑥空気清浄機の活用

空気清浄機を使いながら寝るのも、良い睡眠をとるためにも大切。

また風邪の予防にもなります。

 

いかがでしたか?

私もできるところからやってみようと思います。

あと少しです!乗り切りましょう!!

ヘックション(>。<)

 

【看護師 野中】

 

花粉症

2016年02月29日│わかまつスタッフ│マメ知識

温かくなってきてホッとしますね。

しかし、温かくなってくると始まるのが花粉症です。

今年は温かい冬のためか、花粉症が始まるのが早い印象です。

春の花粉症がある方は、そろそろ対策が必要でしょう。

 

花粉症治療はおおざっぱに言って、内服薬、点鼻薬、点眼薬になります。

以前は注射をするケースもあったようですが、現在はほとんど行われていません(副作用の問題より)。

 

どのような薬を使えば良いか悩ましいですね。

医療機関で処方する薬と市販薬があります。

市販薬では第一世代の抗ヒスタミン薬を使用した薬剤が多いと思います。これは即効性があって効果をすぐに実感できますが、半端なく眠くなります(個人差あり)。私は市販薬を飲むととてつもなく眠くなり何もできなくなってしまうので使用できません。

 

しかし、市販薬の中でもアレグラやアレジオンもあります。

これは第二世代の抗ヒスタミン薬となるので眠気が少なくなっています。しかし即効性はあまり期待できません。一週間ほど気長に呑んでいるとだんだんマイルドに効いてきます(私の印象では、しっかり長期的に使用するほど効果が良くなります)。

 

どうしても医療機関へ受診できないけどお薬が欲しいという方は、薬局で薬剤師さんと相談しアレグラやアレジオンなど試してみてはいかがでしょうか。

 

医療機関ではさらに多種な投薬を使用することができます。第二世代の抗ヒスタミン薬やそのほかの系列の薬剤も多種あるので、患者さんに合わせて使用することができます。

 

局所療法としての目薬、点鼻薬も有効です。

市販薬でも効果が十分期待できますが、やはりある程度しっかり継続頂く必要があります。花粉症の薬はしっかり毎日使用するのが秘訣ですね。それでも症状がきついときは医療機関にご相談頂いた方が良いでしょう。

 

 

現在は花粉症の予防もできるようになってきました。

最近報道でも紹介されている舌下免疫療法は予防的な治療になります。効果も期待されており治療を希望なさる方も多くいらっしゃいます。

詳細は当院ホームページ特設サイトをご覧下さい。

 

 

 

最後に、花粉症は予防も大切です。マスク、メガネは花粉症用のものは効果が高いですね。外で活動される方はぜひ準備して下さい。

以上簡単ですが治療薬についてまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

皆様、花粉症の季節を一緒に何とか乗り切りましょう!

 

2016.2月

【院長 若松】

 

 

むずむず脚症候群

2016年01月17日│わかまつスタッフ│マメ知識

今回は「むずむず脚症候群」という病気についてお話します。

日本では人口の2~5%の患者がいると言われごく身近にある病気の一つです。

不眠症など違う病気だと思っている人や自分の症状が病気だと気付かずにいる人も沢山いると考えられます。日中の眠気の原因となっている事も多いのです。

むずむず脚症候群(マメ知識写真)

 

むずむず 吹き出し①

1.下肢を中心とした異常感覚むずむず脚症候群の症状にはこんな特徴があります。

「むずむずする」「虫が這っている」「ピクピクする」「ほてる」「痒い」など脚の表面ではなく深部で起こり脚を動かさずにいられなくなります。

 

2.脚を動かしたいという強い衝動

安静時、座ったり横になったりすると数分位で脚を動かしたいと言う衝動が現れることが特徴的です。動けない時ほど不快感が強まります。

 

3.脚を動かすことにより症状が消失したり、緩和します。

動かしている間は症状が消失・緩和しますが運動を止めると間もなく再び症状が起こります。

 

4.症状が現れやすい時間帯がある。

夕方や夜になると最もひどくなります。眠る時も症状が起こる為睡眠が妨げられ不眠をきたしやすくなります。またようやく眠っても、下肢の異常運動(周期性四肢運動障害)等で目覚め、再び症状が現れ再入眠が妨げられます。

 

 

 

むずむず 吹き出し②

  • 入眠時のむずむずによる入眠障害や睡眠中の周期的な脚の動きによる中途覚醒を訴えます。
  • 睡眠時間の減少や質の低下により、日中の眠気を訴え、日中の疲労活動性の低下を招きやすくなります。
  • 疼痛や抑うつなど気分変動を伴いやすい事が知られています。

 

むずむず 吹き出し③

むずむず脚になるメカニズムはまだはっきり解明されていませんが、脳内のドーパミンの機能障害や鉄欠乏が関係していると考えられています。原因がはっきりわからない一次性、他の病気や薬などが原因の二次性があります。二次性の原因としては、慢性腎不全、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。

 

 

むずむず 吹き出し④

症状が軽い場合は薬物以外の治療で十分改善する場合があります。

・鉄分の補給

・むずむず脚の原因となるお薬の中止や減量

・カフェインや飲酒、喫煙の制限

・規則的な睡眠

・温かいお風呂や冷たいシャワー、ウォーキング、マッサージ、ストレッチなど

・原因となる基礎疾患の治療

これら非薬物療法を行ったうえでそれでも症状が気になるときは薬物療法を行います。

 

睡眠障害の一つとして位置付けられている「むずむず脚症群」(レストレスレッグス症候群)

当院でも検査や治療を行っています。お困りの方は当クリニックへご相談ください。

 

【検査技師  菅谷】

 

 

糖尿病について(第二弾)

2015年12月25日│わかまつスタッフ│マメ知識

皆さんこんにちは!

今年は雪が少なく、過ごしやすい冬でありがたい限りです。

 

以前このマメ知識で「世界糖尿病デー」にちなみ糖尿病について載せさせていただきました。今回は糖尿病について第二弾です。

 

今回は糖尿病の予防について『朝日新聞 コラム』をご紹介したいと思います。

 

年末年始の過ごし方についても掲載されていました。

「年末年始頑張ってくださいね~(体重維持などなど)」と課題を頂いた方々も多いと思います。

糖尿病に限らず、他の生活習慣病にも活用できると思います。

ぜひ参考にして頂き、課題達成した皆様にお会いできることを楽しみにしています。

(私も頑張ります・・・) [看護師 野中]

 

 

以下

『11日14日 朝日新聞 ASAHIマイカルテ 日本糖尿病協会 清野裕氏』より。

 

糖尿病予防には生活習慣の修正が肝心!!

 

もし健診で糖尿病、あるいはその予備軍だと診断されたとしても悲観することは全くありません。

治療法が格段に進歩した今は、医師の管理下にあれば血糖値をコントロールしながら合併症を抑え、天寿を全うすることも十分可能です。副作用の少ない薬も多く、治療の選択肢も豊富です。

 

でもそれ以上に大切なのは、毎日の食事や運動などの生活習慣です。

私(清野氏)は以下の「糖尿病を予防する7か条」を提唱しています。

 

 

「糖尿病を予防する7か条」
1、バランスのとれた食生活

(総カロリーと脂肪の摂取量に注意!)

2、夜食をしない 間食をしない

3、アルコールはほどほどに

4、適正な体重の維持

5、毎日の食後の歩行(30分位)

6、ストレスの解消

7、禁煙または節煙

 

あとは食べる順番にも気を付けること。

血糖値の上昇を緩やかにする「野菜→肉魚→ごはん」がおすすめです。

 

ちょっと食べる量を控えたり食べる順番を変えたり少しだけ他の人よりたくさん歩く

そういう生活に修正することができれば、糖尿病の予防だけでなく健康維持にもつながります。

是非、糖尿病を健康で豊かな人生を考える一つのきっかけにしてください。

 

 

「年末年始の過ごし方」

会食の機会が増えたり、運動不足になったり、生活のリズムが乱れやすくなります。

食事と運動は特にここに注意!

 

≪食事≫

○なるべくいつも通りの時間にいつも通りのバランスで。

○だらだら食事をするのは禁物。

○お餅や果物など、炭水化物や糖分の取りすぎに注意。

野菜は多めに。

(炭水化物を多く含む、里芋、蓮根は控えめに・・)

 

≪運動≫
○家にこもらず、初詣や初売りなど外出を。

○食べたら動くが基本!

こまめなお掃除などで体を動かす。

○こたつでテレビを見ている時も、CMの時間には腹筋や足上げ運動でエネルギー消費を心がける。

 

【看護師 野中】

 

 

風邪の予防ポイント!

2015年11月27日│わかまつスタッフ│マメ知識

皆さんこんにちは!

 

だいぶ寒くなってきましたね。

風邪を引いてクリニックを受診される患者さんも増えてきました。

皆さん、風邪の予防をしっかり行っていますか?

 

風邪の予防としては、

うがい、手洗い、マスクが三種の神器のように言われています。

どれも大事なものですが、特に注意して頂きたいのが手洗いです。

 

なぜ手洗いかと言うと、

実は手からの感染というものがとても多いと思われるからです。

 

手はどうしても様々な場所に触れます。

実はその触れたところに、

様々なウイルスや細菌が引っ付いているのです。

 

風邪を引いた人が、咳やクシャミをした際に

手で口を覆えば、その手には病原体がびっちりついています。

すぐに手洗いしてくれれば良いですが、

そう毎回手洗いはできないでしょう。

その手で様々な場所に触れば、

病原体が触れた場所に取っ付いているというわけです。

そこを他の人が触れれば、手に病原体が引っ付いてくるというわけです。

 

ですから、様々な場所に行った後は

知らず知らずのうちに手には病原体がたくさんついているのです。

 

手洗いの重要性をご理解頂けたでしょうか。

 

ちなみにマスクも手からの感染を防いでくれます。

人はなにげに手を顔に持ってきます。

その際に目や鼻や口に触れた所から感染するのですが、

マスクをしていれば、無意識に顔に手を持ってきても

直接触れることを防いでくれます。

 

皆さん、手洗い、マスクの重要性をご理解頂けたでしょうか。

 

是非、手洗い、マスク、うがいをしっかり行い

寒い冬を乗り切りましょう!

 

【院長 若松】

 

 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.