内科マメ知識

風邪の予防ポイント!

2015年11月27日│わかまつスタッフ│マメ知識

皆さんこんにちは!

 

だいぶ寒くなってきましたね。

風邪を引いてクリニックを受診される患者さんも増えてきました。

皆さん、風邪の予防をしっかり行っていますか?

 

風邪の予防としては、

うがい、手洗い、マスクが三種の神器のように言われています。

どれも大事なものですが、特に注意して頂きたいのが手洗いです。

 

なぜ手洗いかと言うと、

実は手からの感染というものがとても多いと思われるからです。

 

手はどうしても様々な場所に触れます。

実はその触れたところに、

様々なウイルスや細菌が引っ付いているのです。

 

風邪を引いた人が、咳やクシャミをした際に

手で口を覆えば、その手には病原体がびっちりついています。

すぐに手洗いしてくれれば良いですが、

そう毎回手洗いはできないでしょう。

その手で様々な場所に触れば、

病原体が触れた場所に取っ付いているというわけです。

そこを他の人が触れれば、手に病原体が引っ付いてくるというわけです。

 

ですから、様々な場所に行った後は

知らず知らずのうちに手には病原体がたくさんついているのです。

 

手洗いの重要性をご理解頂けたでしょうか。

 

ちなみにマスクも手からの感染を防いでくれます。

人はなにげに手を顔に持ってきます。

その際に目や鼻や口に触れた所から感染するのですが、

マスクをしていれば、無意識に顔に手を持ってきても

直接触れることを防いでくれます。

 

皆さん、手洗い、マスクの重要性をご理解頂けたでしょうか。

 

是非、手洗い、マスク、うがいをしっかり行い

寒い冬を乗り切りましょう!

 

【院長 若松】

 

 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.