よくあるご質問

夏の暑い夜はCPAPのマスクの周りが蒸れて使いにくいです。何かよい方法はありますか?

夏の寝苦しい夜にCPAPマスクをつけての就寝は、お辛い日もあるかと思います。
下記のご提案にて、少しでも今より快適にCPAPマスクをご使用頂けたら幸いです。

是非、お試しになってみてください。

 

 

1.室内の温度や湿度を調整しましょう。

おやすみになる1時間くらい前にクーラーや除湿器をかけておき、お部屋の温度や

湿度を調整してから眠るようにしましょう。

(快適な室温26~28℃、湿度は50~60%を目安にされるとよいでしょう。)

就寝中はクーラーのスイッチは切るか、「おやすみモード」等に設定しておきましょう。

 

2.保冷剤を活用しましょう。

保冷剤をタオルに巻いて頭や首の下に置くと、気持ちよく眠りにつくことができます。

 

3.夜もきちんと入浴しましょう。

入浴すると血行が良くなり体内の熱を放出します。それにともない深部体温が低下して、

眠りにつきやすくなるといわれています。

就寝1時間くらい前の入浴がお勧めです。

お湯の温度は38~40℃くらいのぬるめのお湯がよいでしょう。

 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.