禁煙外来について

禁煙外来について

「どうしてもタバコを止めたい!」

「どうして自分は禁煙できないんだろう・・・」

「タバコを止めたい気持ちがあり禁煙するけど、ついまた吸い始めてしまう・・・」

そんなサイクルを繰り返す方が非常に多いのが現状です。

タバコが健康に良くないことはだれでも知っていることです。
ガン、心臓病、脳卒中、血管障害、肺気腫(COPD)などは一般的に知られた病気です。
妊婦さんや子供達への影響も間違いなく存在します。
さらに意外なところでは美容面へも影響があります。

ではなぜこれだけ害があると分かっているタバコをやめられないのでしょうか?

それは「ニコチン依存症」のためです。

タバコは麻薬ですから、いったんタバコの味を覚えてしまうと抜け出すことは至難の業になります。

ニコチンは脳の快楽系を刺激するので、タバコを吸ってニコチンが体内に入ると、一時的な幸福感をもたらします。

具体的には「頭が冴える」「集中できる」「ストレス解消できる」といった形で現れます。
そしてニコチンが切れてくると「イライラする」「落ち着かない」「集中できない」「気分が沈む」といった症状が出来てきます。
結局はニコチンが切れてくると禁断症状が出現し、ニコチンが補充されると一時的に楽になっていることを繰り返しているわけです。
そしてこれを繰り返すほど、依存症は強まっていきます。
ニコチン依存症は身体的・精神的な病的状態なのです。

ではどうすればこの負のサイクルから抜け出せるのでしょうか。
そこで「禁煙外来」というものが存在します。
禁煙にはいくつかのお薬が用意されるようになりました。(要するに病気だからお薬が必要なわけです)

もうお一人で悩まれる必要はありません。
あなた様の禁煙が成功するよう、私たちが全力でサポートさせて頂きます。

禁煙外来Q&A

Q.保険治療になりますか?
2006年から健康保険等を使って、禁煙治療を受けることが出来るようになりました。 健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしている必要があります。

「禁煙治療を受けるための要件」

1、ニコチン依存症を診断するテスト5点以上である。
2、1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数200以上である
(2016年4月から35歳未満はこの要件がなくなりました。
3、直ちに禁煙を始めたいと思っている。
4、禁煙治療を受けることに、文書で同意している。

*ニコチン依存症を判定するテスト TDS(Tobacco Dependence Screener)

「はい」なら1点「いいえ」なら0点となります。

Q1、自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
Q2、禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
Q3、禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
Q4、禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
・イライラ ・眠気 ・神経質 ・胃のむかつき ・落ち着かない ・脈が遅い ・集中しにくい ・手のふるえ ・ゆううつ ・食欲または体重増加 ・頭痛
Q5、上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
Q6、重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに 吸うことがありましたか。
Q7、タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことが ありましたか。
Q8、タバコのために自分に精神的問題※が起きていると分かっていても、吸うことが ありましたか。
Q9、自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
Q10、タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
http://sugu-kinen.jp/ (ファイザー製薬)

*健康保険等の適応:1年に1回
*過去に禁煙治療を受けたことがある場合
前回の初回診療日から1年を経過している1年を経過しないうちは自由診療となります。)
*適応期間:12週間

過去に禁煙治療を行った人で、再喫煙してしまっても、再度チャレンジできます。

 

Q.費用はどのくらいかかるのですか?
あなた様に合ったお薬(禁煙補助薬)を医師と相談しながら選択していきます。

  保険診療(3割負担の方) 自由診療
チャンピックス(12週間) 約2万円 約6万円
ニコチネルTTS(8週間) 約1.2万円 約4万円

 

Q.どんな治療をするのですか?
禁煙外来は初回診療日から12週間の中で、5回通院して頂くことになります。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
チャンピックス 初回 2週目 4週目 8週目 12週目
ニコチネルTTS 初回 2週目 4週目 6週目 8週目

*5回診療を受けた人と診察を中断した人では成功率が変わります。
すべて診療を受けた人では約50%(2人に1人)が禁煙に成功。
一方初回で診察を中断してしまった人で禁煙が続いているのはわずか6.5%でした。
是非、一緒に12週間の治療を最後まで頑張りましょう!

初回
1、ニコチン依存症かどうかの確認(問診票の記入)
2、禁煙経験の確認とアドバイス
  あなたの健康状態やこれまでの喫煙・禁煙歴を確認します。
  ニコチン切れ症状の対処法など、あなたに合ったアドバイスをもらうこともできます。
3、禁煙補助薬の選択
  禁煙補助薬の特徴から、あなたに合った薬を選びます。
4、「禁煙開始日」を決定し、禁煙宣言
  医師と相談しながら、あなたの禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします
5、禁煙外来の進め方について説明

再診
1、お薬の使用状況確認
2、禁煙状況の確認
3、CO(一酸化炭素)の測定
4、診察(禁煙実行、禁煙継続に向けてのアドバイス)
5、禁煙補助薬の処方

Q.予約は必要ですか?
当院は完全予約制です。
〇初診の方:事前にお電話を頂き、予め予約をお願い致します。
      当日は問診票の記入がございますので、時間に余裕をもってお越しください。

〇2回目以降の方:診察日に次回の予約をお取りいただきます。
         予約当日は15分前にお越しください。

Q.もし禁煙外来中に吸ってしまった時はどうすれば良いですか?
予約通り、禁煙外来へお越しください。
今後の治療をどのように進めていくか、一緒に考えていきましょう!

Q.禁煙外来を受ける際の注意点はありますか?
下記の方は使用するお薬の選択に注意を要しますので、必ずお申し出ください。
〇心療内科、精神科へ通院歴、もしくは通院している方
〇腎臓に病気がある方(腎臓内科へ通院している方)
〇心臓に病気がある方(循環器内科、心臓血管外科に通院している方)
〇脳血管の病気がある方(脳神経外科に通院している方)

ここまでお読みになられて、「わかまつ呼吸器内科クリニックで禁煙したい!」と思われる方は、下記の問診票をダウンロード、必要事項を記入の上、当院へご連絡ください。

問診票ダウンロードはこちらです。

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.